スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

るいは智を呼ぶ レビュー 



タイトルるいは智を呼ぶ
メーカー暁WORKS
発売日2008-06-26
シナリオ★★★★★★★★★☆
グラフィック★★★★★★★☆☆☆
音楽★★★★★★★★★☆
キャラクター★★★★★★★★☆☆
主人公★★★★★★★★★☆
エロ★★★★★★★☆☆☆
世界観★★★★★★★★★☆
ゲーム性★★★★★★★★☆☆
演出★★★★★★★★☆☆
補正★★★★★★★★★☆
総評★★★★★★★★☆☆

総評83点
今や暁WORKSの代名詞となった作品ですね。
主人公にボイスが付いたりFDの発売など現在でも人気は衰えていません。
この作品があってこそ、その後のコミュ、&などが売れたといっても過言ではありません。

さて、今作のテーマは”呪い”です。
その呪いについての話が展開されていくんですが話の魅せ方が上手いですね。
同じ呪いを受けている者達が出会うまでや呪いがどういった影響を及ぼすかまでの流れが好きでした。
そして主人公たちは群れを作る。
つまり絆で結び合うということですね。
この絆というテーマはこのブランドの今後の作品にも根付いています。
要所要所で襲ってくる呪いによって緊張感があり、個別ごとにしっかり伏線回収するシナリオは良い出来でした。
作品をオールクリアしたときはスッキリすることが出来ました。

そしてこの作品では音楽面も優秀です。
OPやEDのボーカル曲が非常に良くて今でもよく聴きます。
BGMも作品の雰囲気に合っていました。

各キャラについてですが主人公(男)が一番可愛いためにヒロインが霞みます。
それぞれ魅力はありますが主人公には到底敵いませんね。
女装物は主人公がヒロイン喰っちゃうから怖いんですよね。

エロは可も不可もなくと言ったところ。

演出面はなかなか良くてEDの入りなどは大好きです。

総評としては名作まで後一歩と言った印象です。
十分良作の部類なんですが名作を狙える作品だっただけに惜しいですね
FDはまだプレイしていないのでいずれプレイしたいです。

Posted on 2013/06/12 Wed. 21:16 [edit]

CM: 1
TB: 0

top △

« グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA- レビュー  |  「すみっこソフト」新作【なつくもゆるる】 »

コメント

http://bluefeathers.in/js/hermes.html

replica of hermes birkin quintessentially るいは智を呼ぶ レビュー - 刹那夢見る少年

hermes wallets for sale #EBUSheBA | URL | 2014/07/10 22:54 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dreamexpress516.blog94.fc2.com/tb.php/1211-08b6718e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。