スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA- レビュー 



タイトルグリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-
メーカーFrontWing
発売日2013-05-24
シナリオ★★★★★★★★☆☆
グラフィック★★★★★★★★☆☆
音楽★★★★★★★★★★
キャラクター★★★★★★★★★★
主人公★★★★★★★★☆☆
エロ★★★★★★★★☆☆
世界観★★★★★★★★★☆
ゲーム性★★★★★★★★☆☆
演出★★★★★★★★☆☆
補正★★★★★★★★★☆
総評★★★★★★★★★☆

総評86点
グリザイアシリーズの3部作目にして完結となる今作。
今年発売される作品で最も注目されていたと言っても過言ではありません。

シナリオについてはおおまかに3つに分かれており、本編であるブランエールの種、After、プロローグに加えてサブキャラとのHシーンです。
ブランエールの種をクリアしないと他の話は進めることができません。
まずはブランエールの種についてですが、これは果実、迷宮、楽園の集大成になる部分ですね。
ユーザーからは一番期待していたところでしょう。
その後のヒロインたちの対応や主人公の行方、伏線の回収など魅せるところはしっかりと魅せてきた感じはします。
各キャラの味をしっかりと出して活躍の場をつくってくれるのは良いですね。
一部このキャラ出す必要あったか?ってのもありましたが。
最終決戦あたりはハードルが高かったこともあり少し物足りない感じはしました。
まぁ僕の一番好きなキャラが活躍してくれただけで満足はしたんですけどね。

お次はAfterについてです。
これは本編が終った後の話ですね。
主人公がハーレムを形成するお話なんですけど、本編が少しダークな感じだっただけに各キャラの絡みなどがしっかり書かれていて良かったです。
新規立ち絵を用意したりちょっとした変化が嬉しかったです。
そしてグリザイアシリーズ通して言えることなんですけどやはり楽園でもみちるの優遇が発揮されます。
果実、迷宮などでは一人だけ凝ったEDや専用曲を用意してもらっていたみちる。
Afterではもうとんでもないくらい優遇されています。
本編でも滋味に優遇されていましたがAfterでは他のヒロインの追随を許さない勢いでした。
まぁ具体的に説明してしまうとネタバレになるのでしっかりとプレイして確かめてください。

よーしグリザイアシリーズもこれで終了かと思いましたがプロローグがありました。
これは主人公が美浜学園に訪れる前の話になります。
この話自体甘く見ていたんですが思った以上に面白い。
榊が学園に放り込まれて他のヒロインが編入してくるまでの過程が丁寧に書かれておりむしろこっちが本編なんじゃないのかと思うくらいに良い出来です。
もう主人公いらないんじゃないのってくらいのめり込んじゃいました。
なんだかもう1回果実をプレイしたくなりました。

さて、シナリオについてはここまでにして他についてですが、まずはグラフィック面です。
フミオの絵は安定して綺麗なんですが渡辺明夫の絵は不安定すぎですね。
感動のシーンや重要なシーンでも奇形なキャラが出てきて興ざめする部分も多数あります。
もう少しどうにか出来なかったのか。
背景などは相変わらず良い感じです。

BGMについてはさすがのハイクオリティ。
ボーカル曲も良い曲が多いです。
前作までのBGMも使われているのでその数は膨大です。

主人公については本編最後くらいしか出番がないので少し評価下げています。
ほんと男性器をひけらかすくらいしかしてなかった気がします。
バトル部分などは熱かったですけどね。

演出面などは無駄に凝った3D演出が出てきたりとすごかったです。
CGを使う場面も上手いですしBGMの使い方も良いですね。

さてさて最後になりますが、まとめです。
3部作ということで何かと比較されがちな暁の護衛とグリザイアシリーズですが、暁の護衛よりは断然クオリティが高いので安心してください。
話のまとめ方は賛否両論あると思いますが僕は好きな終わり方でした。
グリザイアシリーズもこれで終わりになりますがアニメ化の発表もされておりまだまだ熱は収まりそうになさそうですね。
アニメでも当てることができればPC版でも何か動きがあるかもしれませんしね。
シリーズ通してになりますがここまでわくわくさせてくれた作品はなかなかありません。
FrontWingには今後もこういった作品を世に出していって欲しいですね。

Posted on 2013/06/16 Sun. 20:28 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 木洩れ陽のノスタルジーカ レビュー  |  るいは智を呼ぶ レビュー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dreamexpress516.blog94.fc2.com/tb.php/1214-b7ac2b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。