スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

木洩れ陽のノスタルジーカ レビュー 



タイトル木洩れ陽のノスタルジーカ
メーカーSTREGA
発売日2013-02-22
シナリオ★★★★★★★★★☆
グラフィック★★★★★★★★★☆
音楽★★★★★★★★★★
キャラクター★★★★★★★★★★
主人公★★★★★★★★★☆
エロ★★★★★★★★☆☆
世界観★★★★★★★★★★
ゲーム性★★★★★★★★★☆
演出★★★★★★★★★☆
補正★★★★★★★★★☆
総評★★★★★★★★★☆

総評92点
新ブランドSTREGAによる処女作。
処女作とは言ったもののキャラメルBOXを退社したのり太、嵩夜あやコンビが制作しているので発売前からかなり期待はしていました。

舞台は近未来SFで、機械が人のように進化したメトセラという種族が人と共存しています。
主人公たち仲良しグループはある日学校でしねまという女性型アンドロイドを見つけ、その子を直してあげようと立ち上がります。

まずこの作品の良いところを挙げると雰囲気の良さですね。
人と機械の共存。それによって生じる様々な問題。
その一つ一つが丁寧に描かれています。
スタッフ全員が丁寧に丁寧にこの作品を作ったんだろうと想像できます。
主人公グループの登場人物は一人一人しっかり描かれていてどのキャラも好感が持てました。
キャラクター同士の掛け合いも見ていて飽きることなくずっとこの世界観に浸っていたい気持ちになりました。
ヒロインの一人にメトセラの娘がいるのですが、会話をしている際に人間的思考と機械的思考のずれが生じる描写があり、そこでの掛け合いのシーンが個人的にお気に入りです。
主人公たちのしねまという存在を助けたい、守りたいという気持ちがとても温かく、それに対するしねまの反応も丁寧に描かれており、序盤から終盤にかけてまで本当に優しい気持ちにさせてくれました。

ですが綺麗な面だけではなく、背景には人と機械の戦争があったり、その戦争の影響でメトセラを忌み嫌う人間がいたりと暗い側面も描かれています。
それを主人公たちが解決したり、機械を嫌っていた人がしねまを通して考えを改めたりと色々な側面から物語を作っているので色々と考えさせられました。

こういった様々な面で雰囲気が良い作品なんですがその良さを後押ししているのがBGMの存在です。
キャラクターごとに専用BGMが容易されていたりと音楽面にもこだわりが見えます。
曲調が優しい旋律なので落ち着いた気持ちで読み進めることができるのが良いですね。
主題歌や挿入歌なども本当にいい曲で、流れると感極まって半泣きになってしまいました。
声優陣も豪華で、とても丁寧に演技しているので、キャラクターたちが生き生きしているように感じました。

シナリオについてはしねまを主軸に個別、TRUEがあります。
しねまは攻略対象じゃないので注意が必要です。
各ルートの話はしっかりと書き分けられているのですが、人と機械の共存についてというテーマを基に描かれているのが良いですね。
様々な角度から一つのテーマを見るというのは面白かったです。

グラフィック面ですが、作画はもともとのり太の描く絵は大好きで、この作品の雰囲気ともマッチしていました。
背景も綺麗で、とくに不満はありませんでした。

演出面ですが、共通部分では各話の区切りごとにエンディングが流れて、その話の中でもアイキャッチが流れたりとアニメを見ているような感覚になりました。
ムービーに入るタイミングや挿入歌を入れる場面も良くできており、いい演出だと思います。
タイトル画面や公式HPも凝っているのでその辺りも評価に入れています。

エッチシーンについては可も不可もなくといった感じ。
各3回ずつでそれが4人なので12回ですね。(差分含まず)

最後に、この作品に出会えて僕は本当に良かったと思っています。
こんなに丁寧に作られた作品を久々にプレイしました。
世界観についても細かいところまでしっかりと練られており、ライターさんは大変だったと思います。
各所の設定について用語解説があり、ユーザーに対する配慮も嬉しいです。

これは人間とメトセラと一人のヒューマノイドの温かい物語。
その世界観の素晴らしさは実際にプレイして自分自身で感じ取って欲しいです。

Posted on 2013/07/16 Tue. 23:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 君と彼女と彼女の恋。 レビュー  |  グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA- レビュー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dreamexpress516.blog94.fc2.com/tb.php/1229-1ce1c91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。