スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

11eyes -罪と罰と贖いの少女- レビュー 



タイトル11eyes -罪と罰と贖いの少女-
メーカーLass
発売日2008-04-25
シナリオ★★★★★★★★☆☆
CG★★★★★★★★☆☆
BGM★★★★★★★★★★
キャラ★★★★★★★★☆☆
主人公★★★★★★★★★☆
エロ★★★★★★★☆☆☆
コメディ★★★★★★★☆☆☆
ゲーム性★★★★★★★★★☆
演出★★★★★★★★★☆
補正★★★★★★★★★☆
総評★★★★★★★★☆☆

総評84点
前作【3days】からのファンともあり、意気揚々とプレイ

最初はなんの力もない主人公が少しでも役に立とうと努力する様はなかなか好印象でした
しかし時々でしゃばって自らを危機に晒すこともありました
中盤にもなるとだんだんと主人公の能力が覚醒していき、強敵にも対抗できるようになっていきます

注目するのは11eyes(11の眼)ということですが、主人公たちで赤い夜に行ける人数が7人いて、実際の数と合わないんですね
駆は独眼ですから確定ですが、誰が偽者なのか、という伏線もありました
それはシナリオが進むにつれ謎は解けていきます

そして肝心の敵役はどれも能力が違い、個性もありよかったですね
出てくるタイミングや組み合わせによっていろんな戦いが見れてよかったです
特に熱かったのは駆が覚醒して雷切を使うあたりですね

面白かったのは各選択肢にBADENDがあるということです
選択肢を間違えるとすぐさまBADENDなんてことがあり新鮮でよかったです
また、別のキャラクターの視点で物語を見ることにより謎が解けたりと色々なことに挑戦していましたね

前作ファンの嬉しさもありました
草壁、ヴァルター、宝玉などなど前作に使われていたキーワードがありにやりとしてしまいますね

しかしシナリオが一本筋ということもあり、各ENDはHする相手が違うだけで終わり方はどれも同じでした
ただTRUEENDだけは違っていましたけど、これは物語の結論に触れるので仕方ありませんね

最後は主人公がチート能力で勝ち、HAPPYENDで終わるんですが、そういうご都合主義が嫌いでない方にはオススメですね

Posted on 2010/06/30 Wed. 03:21 [edit]

CM: 1
TB: 0

top △

« あやかしびと レビュー  |  あかね色に染まる坂 レビュー »

コメント

http://www.smcindia.org/images/kelly.html

fake hermes ring in bangkok 11eyes -罪と罰と贖いの少女- レビュー - 刹那夢見る少年

hermes scarf de la mer au ciel #EBUSheBA | URL | 2014/07/09 16:45 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dreamexpress516.blog94.fc2.com/tb.php/491-379d55cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。