スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

もしも明日が晴れならば レビュー 



タイトルもしも明日が晴れならば
メーカーぱれっと
発売日2006-02-24
シナリオ★★★★★★★★☆☆
グラフィック★★★★★★★★★★
音楽★★★★★★★★★★
キャラクター★★★★★★★★★☆
主人公★★★★★★★☆☆☆
エロ★★★★★★★★☆☆
世界観★★★★★★★★★☆
ゲーム性★★★★★★★☆☆☆
演出★★★★★★★★★☆
補正★★★★★★★★☆☆
総評★★★★★★★★★☆

総評85点
泣きゲーの王道と言われている作品
WHITE-LIPS、樋口を初めとした音楽や
くすくすの原画などハイクオリティに仕上がっている作品です

主題歌、挿入歌、エンディング、BGMと
曲の使い方がうまくかなりジーンと来ました

シナリオは結構ご都合主義な部分も多かったです
幽霊の定義などあやふやなものが多かったですけど
現代科学で実証されてないものですしそれは仕方ありませんね

日常パートは飽きさせず笑わせてくれるテキストなのでよかったです
そこでやっぱり感情移入してヒロインのこと好きになっちゃいました
キャラは不快になるキャラがいなく全員好きになれました
そういったところでは僕には合ってるゲームだったんでしょう

さらにくすくす絵の素晴らしさが光っていてよかったです
この業界トップクラスですね

泣きゲーにしてはエロも多くてよかったですね
各キャラ3回は十分でしょう
個別に入る前に各一人ずつあったのもよかったです

やはり泣きゲーと言われているだけあって
結構感動させてくれますね
一番感動したのは4章ですかね
たまちゃんが一番好きってのが影響してるかもしれませんけど
感動するゲームがやりたい!って方にはオススメです

Posted on 2011/02/10 Thu. 01:14 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 車輪の国、向日葵の少女 レビュー  |  蒼天のセレナリア ~What a beautiful world~ レビュー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dreamexpress516.blog94.fc2.com/tb.php/618-ee23fb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。