スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ レビュー 



タイトルWHITE ALBUM2 ~closing chapter~
メーカーLeaf
発売日2011-12-22
シナリオ★★★★★★★★★★
グラフィック★★★★★★★★★☆
音楽★★★★★★★★★★
キャラクター★★★★★★★★★☆
主人公★★★★★★★★☆☆
エロ★★★★★★★★★☆
世界観★★★★★★★★★☆
ゲーム性★★★★★★★★★★
演出★★★★★★★★★★
補正★★★★★★★★★★
総評★★★★★★★★★★

総評94点
WHITE ALBUM2の後半になる作品
序章から3年後を描いた~closing chapter~と
そのさらに2年後を描いた~coda~
によって構成されています

付属、大学、社会人とかなりの時間が経つ作品なので立ち絵のちょっとした変更や
キャラ同士の関係の変化、主人公を取り巻く環境の変化など
時が立つごとに変わっていく設定が面白かったです

まず~closing chapter~部分ですが
前作から3年も経っているので主人公自身の人間関係もかなり変わり多くのヒロインが出てきます
前作同様の二人のメインヒロインに加え
ゼミ仲間、バイト先の後輩、出版社の先輩とかなりの数が増えました
この~closing chapter~ではかずさの出番はほとんどなく雪菜とその他のヒロインがメインになっています
僕は前作で雪菜のことが大好きになってしまったので主人公と雪菜とヒロインとの三角関係を見るのには苦痛を伴いました
その際の主人公の葛藤が痛々しく、そして傷つく雪菜を見るたびに心が痛みました
プレイ中に何度欝になったか数えきれません
ですが他のヒロインはどのキャラも魅力的で嫌いなキャラはいませんでした
どの√もいい出来で決定的なシーンでの演出は素晴らしいの一言
特に3人の追加ヒロインを終わらせた後の雪菜√には感服しました
前作からの友人たちに囲まれて結ばれた瞬間はやっと報われた気がしました

そしてその2年後の話~coda~ですが
~closing chapter~は雪菜と結ばれて終了したのでこの後の展開を想像するだけで欝になりました
ここからは主人公、雪菜、かずさの3人を中心として話が展開されこの作品の本番になってます
主人公や雪菜、ヒロインたちも就職して舞台はさらに広げられて数多くの選択ができる状態になりました
ですのでどのような展開になるか予想ができませんでした
かずさとの再開を経て主人公の気持ちが揺れていく様は、この作品の主題とも言える三角関係なのですがやはり辛いものがありました
二人とも2つずつ√が用意されているのですが、どれも出来はかなりよかったです
この章は雪菜がメインと言っていいほど雪菜がいい味を出しています
三角関係なので必然と主人公は二人のヒロインに揺れるのでいい印象は与えませんよね
ですがそれを補って余りあるくらいに雪菜が素晴らしかった
序章から今までを経た彼女はどのヒロインよりも強く、優しく、魅力的でした
もう完全に感情移入してしまって泣く泣く選択肢を選ぶことが何度もありました
個人的に一番好きな√は雪菜Trueですかね
やはり一番のハッピーエンドと言えるのが大きいです

そしてこの作品を盛り上げる要因の一つになっているBGMの良さですが
どれもいい曲でどのシーンにもよく合っており歌詞をしっかり聴くとさらに感動してしまいます
新曲、リメイク、カバーと豊富なボーカル曲もいいですね
それにも様々なアレンジ曲があり一つで何度も美味しかったです
いいシーンでの挿入歌など反則的でした
CGのほうも前作よりもかなり質が上がっており立ち絵も文句なしでした

そしてエロのほうも前作と違いしっかりと描写されていてよかったです
新ヒロインも3回以上はありメイン二人のHの数はかなりのものになっています
1回のシーンもかなり長くて差分も結構な量があったので気合が入ってました

フルコン後もボイスメッセージがあり声優さんたちのキャラクターに込められた想いなどが聞けてよかったですね
こういうクリア後のお楽しみは嬉しい限りです
それと付属のデジタルノベルは読んでいたほうがいいですね
ヒロインが主人公を好きになる過程やら色々と描かれているので推奨します

まとめになりますがやはりこの作品で一番の見所は雪菜だと思うんですよ
彼女の作品を通しての成長ぶりは必見です
久々にこんなにいいヒロインを見ましたね
ですが彼女だけでなく友人たちとの関係も素晴らしかった
特に~coda~に入ってからの武也のかっこ良さは異常なくらいです
何があっても主人公を心配してくれる
こんな筋の通った男が親友にいるなんて主人公はかなりの幸せものですね

WHITE ALBUM2全体を通して見るとかなりのボリュームになっていましたが、質の良さを最後まで保ったのは素晴らしいですね
これが分割でなければさらなる名作となっていただけに惜しいですね
やはり三角関係ですので欝になること大なのでご注意を

最後になりますがここまでレベルの高い作品を出してしまうと次のLeafの作品が可哀想ですね
というよりLeaf歴代作品の中で一番面白かったのではないでしょうか
ですので是非プレイしてもらいたい作品です
間違いなく2011年最高のエロゲになりました

Posted on 2012/01/19 Thu. 21:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« マブラヴ レビュー  |  WHITE ALBUM2 ~introductory chapter~ レビュー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dreamexpress516.blog94.fc2.com/tb.php/839-2686d678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。